家族のために

人はいつか旅立ちます。あの世に物やお金は持っていけません。遺品は残された家族が処分することになります。遺品の数が膨大になればなるほど、遺族の負担も増大します。東京では遺品整理の方法を巡って、遺族間でトラブルに発展するケースも目立ちます。そうした事態を避けるためにも、今からできることを少しずつ始めていきましょう。

遺こされた家族の負担を減らすために遺品整理の準備を進めよう

男女

労力がかかる

遺品整理は大変な作業です。仕分けをして形見分けをしたり、運搬して処分したりするなどさまざまなことに対応しなくてはいけません。遺族が遠方に住んでいる場合や、忙しくて作業する時間がない場合は、とくに負担が大きくなります。そんなときは、遺品整理のプロである遺品整理士に相談するとスムーズです。遺品整理士に相談や依頼をすれば、作業を代わりに行なってくれたり、有益なアドバイスを受けたりすることが可能です。また、遺品の買い取りやクリーニングサービスが利用できるなど、いろいろなサポートが期待できます。遺品整理を専門にしている業者は、東京はもちろん全国で数が増えています。とくに西宮や福井でも需要が伸びており、優良業者が選ばれています。

ダンボールを持つ人

物を減らしていく

自分がいつか旅立つときのことを想定して、早めに遺品整理の準備を始めている人が増えています。とくに、親やきょうだいを見送って、実際に遺品整理の苦労を味わった人は、同じ思いを自分の家族にさせたくないと感じるようです。遺品整理の一番のポイントである荷物を減らしていくことがまずは大切になります。不要な物はどんどん捨てたり、譲ったりして減らしていきましょう。とくに思い出の品は処分しにくいものですが、遺された家族にとっても同じことです。自分でジャッジして捨てた方が家族のためになるので、積極的に断捨離していきましょう。

遺品整理を業者に依頼するOR遺族で行なう

依頼する

仏壇の供養や不用品の処分、また価値がある品については買取りもしてもらえます。遺品に関する悩み事をすべて解決することができます。費用は依頼内容よって3万円程度から数十万円と変動します。お金はかかりますが、精神的・肉体的な負担は軽減できます。

自分たちで行なう

遺族だけで遺品整理をすると、人件費などの費用は不要ですが、時間と手間がかかってきます。処分や運搬、供養などもそれぞれ正式なルートで行なう必要があるでしょう。また、故人の死と向き合うことができないなど遺族の精神状態によっては、作業は進まないという問題があります。

広告募集中